2016年3月25日金曜日

【重要】サッカー オープンリーグ、セカンダリリーグのスケジュールについて


25日(金)
 選手受付 13:00-16:30
 電池検査 14:00-18:00



26日(土)
 選手受付 8:00-9:00
 電池検査 8:10-14:00
 開会式  9:00-9:30
 車検開始 8:30
 試合開始 11:30
  <1回戦>
   11:30 11:50 12:10 12:30
  <2回戦>
   13:30 13:50 14:10 14:30
  <3回戦>
   15:30 15:50 16:10 16:30
 試合終了 16:50

 17:20 第4回戦 対戦表公表
 ジュニア懇親会 17:30-


27日(日)
 車検開始  8:10
 試合開始  9:00
  <4回戦>
   9:00 9:20 9:40 10:00
  <5回戦>
   10:50 11:10 11:30 11:50
  <6回戦>
   12:40 13:00 13:20 13:40
 試合終了 14:00
 閉会式  15:30


※第1回戦のくじ引きは 8:30-10:00(開会式の時間帯を除く)にそれぞれのリーグ本部で行います。

 なお、時間に遅れたチームは、運営側で機械的に抽選します。
※キャプテンミーティング 26(土)10:30、27(日)8:30 場所:各リーグコート
※審判ミーティング 25(金)17:00、26(土)9:00、27(日)8:15 場所:各リーグコート

※27日の車検の順番は先着順ですが、4回戦9:00試合開始のチームを優先して行います。

2016年3月19日土曜日

【重要】ジュニアサッカー競技(ライトウェイト・プライマリ/ビギナーズ)の試合形式について

ロボカップジャパンオープン2016愛知
ジュニアサッカー競技(ライトウェイト・プライマリ/ビギナーズ)の試合形式について

これまでのとおり「予選リーグ戦・決勝トーナメント方式」で実施します。
試合時間などは以下なります。
ビギナーズ:5分前半+5分コートチェンジ+5分後半+5分試合間隔【故障時間は30秒】
プライマリ:4分前半+2分コートチェンジ+4分後半+5分試合間隔【故障時間(アウトオブバウンズを含む)は20秒】

予選リーグの組み合わせは,全参加チームから乱数を用いて5(4)チーム×8リーグを作ります。
予選その際,1リーグでも同一ブロックのチームが2チーム以上含まれた場合は,最初からやり直します。

決勝トーナメント進出チームの決定方法は,昨年までは予選リーグの結果で順位付けをして上位からあらかじめ決められたチーム数を選抜するという方法でしたが,今年は,各リーグ内で上位からあらかじめ決められたチーム数が選抜される方法とします。具体的には,次の図のようになります。

 予選リーグから決勝トーナメントへ進出するチームの決定方法

【重要】リチウム系2次イオン電池の検査について

ロボカップジャパンオープン2016愛知
リチウム2次イオン電池を使用の選手の方へ
電池検査の手順について

リチウム2次イオン電池を使用しているチームは、電池検査を受ける必要ありますので、大会当日は次のように検査を受けてください。

3月25日(金)に会場入りする選手。
 ・25日のうちに電池検査を済ませてください。
 ・25日に電池検査に合格したら、翌日以降は電池検査を受けなくても大丈夫です。
 ・午後2時から電池検査を行います。
 ・電池検査に合格するまで、ロボットの電源を入れたり、電池を充電してはいけません。

3月26日(土)に会場入りする選手
 ・車検を受ける前に電池検査を受けてください。
 ・パドックについて荷解きをしたら、最初にすることは電池検査を受けることです。
 ・電池検査に合格するまで、ロボットの電源を入れたり、電池を充電してはいけません。

電池検査の場所
 ・4階(セカンダリ競技会場のフロア)のサッカー本部

電池検査に持ってくるもの
 LiPo 使用のチーム
  ①車検表 ②Li-Po使用申請書 ③リチウム系電池使用届 ④全電池 ⑤全充電器 ⑥ロボット

 LiPo以外のリチウム2次イオン電池使用のチーム
  ①車検表 ②リチウム系電池使用届 ③全電池 ④全充電器 ⑤ロボット

【重要】ジュニアサッカー競技(オープン/ライトウェイト・セカンダリ)の試合形式について

ロボカップジャパンオープン2016愛知
ジュニアサッカー競技(オープン/ライトウェイト・セカンダリ)の試合形式について

これまでジャパンオープンや日本大会のジュニアサッカー競技では、「予選リーグ戦・決勝トーナメント方式」で大会を行ってきました。しかし,このような勝ち残り方式だと、勝ち残ったチームと直接対戦していないチームの順位が実力通りのものかどうか分からない」という欠点があります。

そこで、今大会のライトウエイトセカンダリリーグとオープンリーグでは、ロボカップジュニア世界大会でも実施されている「スイス方式トーナメント」を採用することにします。

スイス方式トーナメントの概要は次のとおりです。
(一般的なスイス方式に、ジュニアサッカー用として得失点の観点を追加しています。)

 (1)くじ引きで初回1対1の対戦を決める。
 (2)対戦(32チーム16試合,延長無し)
 (3)全てのチームを勝ち点>得失点差>得点>失点の順で並べる。
 (4)1位対2位、3位対4位・・・31位対32位となるように対戦を決める。
    このとき、既に対戦している場合は、最小限の順位変更を行い、同じ対戦ができないようにする。
  以下、(2)~(4)を繰り返す。
  なお、勝ち点、得失点差、得点、失点は積算していきます。

これを2日間行い、最終的な総合勝ち点で順位を決めます。
つまり、より強いチーム、より弱いチームを決めることになります。回数を増やす程,その精度は上がります。

この方式の欠点として、対戦結果で次の対戦を組むため、
その都度、各チームや審判に次の対戦組み合わせを周知する時間が必要になります。

そこで、この試合形式で大会を運営するにあたり、選手の皆さんに協力してらいたいことがあります。

 1、できるだけ多くの対戦(2日間で各チーム6試合を予定しています。)を行うため、
   前後半5分・ハーフ5分・入れ替え5分、ペナルティ30秒とします。 

 2、初回の対戦はくじ引きで決めます。
   そのため、26日(土)受付後のスケジュールを改めてこのWeb掲示板にて告知しますので、
   当日はくじ引き〜車検〜1回戦がスムーズにできるようご協力をお願いします。
   くじ引き時間に遅刻した場合は、運営側で機械的に抽選します。

 3、全ての対戦が終わり,組み合わせができ次第、次の対戦組み合わせを会場の掲示板にてお知らせします。
   必ず各チームで確認(試合の順番とコート及び既に対戦していないか)してください。
   なお、試合開始時間に遅れた場合は、ルール通り遅刻の対応を行います。

 4、対戦に関する質問の受付は,その対戦の第一試合が始まる10分前までとします。


以上、大会運営をスムーズに行うため、皆様のご協力をお願いいたします。

2016年1月31日日曜日

【重要】ジャパンオープンルール2016の電池に関して

電源電圧について
(特に、ライトウェイトの電源電圧について 『徹底』 をお願いします)
2016ジャパンオープンの電池の扱いについては、以下の案内をよく読んでください
http://rcjjinternational.blogspot.jp/2015/11/2016.html

■参加にあたって(注意事項)でも案内させて頂いています。
http://www.robocupjunior.jp/outline.html

ご理解のほどよろしくお願いします。

2016年1月29日金曜日

ジャパンオープンルール2016のルールについて

 ビギナーズリーグ以外は2015国際ルールを用いる
  http://rcj.robocup.org/rcj2015/soccer_2015.pdf


  ※尼崎で用いられた↓補足事項は、そのまま採用する。
   http://www.robocupjunior.jp/rule.html
  追加事項として
   ・ルール2.2 Interference には、青と黄色の発光素子も含むこと、
    発光を覆う場合には他のロボットの方向に光が漏れないようにすること。
   ・「機敏性」(ルール2.5 Agility)の判定について
     ロボットが「直ちに」反応して、ペナルティエリア境界黒線上に置いたボールに当たるまで前進しなければならない
   ・ハンドルは固定されていること、簡単に動いたりするものはNG。


 ・ビギナーズリーグは従来のサッカーAルールどおりとする。
  http://www.robocupjunior.jp/rule/2013rule/soccerfile/RulesJ2013tokyo_A.pdf

 ・ビギナーズリーグの追加ルールは次のとおりとする
 【ロボット機体の制限】
  ・重量 :1100g以下
  ・サイズ:直径22cm以内、高さ22cm以内
  ・駆動モーター数 2個まで
     ※ロボットを移動させるために使えるモーターは2つまでという意味なので、
      ドリブラーなどのモーターは数に数えない。
  ・センサー数:制限なし
  ・使用可能な電池:マンガン、アルカリ、ニッケル水素、ニッケルカドミウム
   (ただし、LEGO Mindstormsの充電式バッテリーのように安全装置を最初から搭載している製品は使用可能とする。)
  ・電源電圧 :9V以下

 【参加資格の制限】
   ・学年:学年は問わない(ただしジュニア参加資格年齢であること)
   ・ノード、ブロック大会参加回数:問わない
   ・これまでのジャパンオープンおよび日本大会で、サッカー競技への参加経験者はサッカーAに参加できない。

 ・ビギナーズリーグのコートは
   ・ペナルティエリアを示す線は白線でも黒線でもよい。
   ・コートの大きさは現行のものでも、Bコートの半分でも、その中間範囲でもよい。

2015年3月20日金曜日

ジャパンオープン2015尼崎ではサッカー競技では2015年ルールを採用します

先日、サッカーの2015国際ルールが公開されました。
http://rcj.robocup.org/rcj2015/soccer_2015.pdf

2015年ルールは2014年ルールに3点のみ変更を加えたもので、選手の皆さんがより競技を楽しめ、円滑に試合が行われるよう改良されています。
以下に2014年ルールからの変更点のみ解説します。


・マルチプルディフェンスについて
2014年ルールでは、マルチプルディフェンス時にはボールから遠い方のロボットを中央中立点に移動させていました。
2015年ルールでは、ボールから遠い方のロボットを近くの中立点に移動させます。

・故障やアウトオブバウンズ等により4台全てのロボットが退場となったときについて
2014年ルールでは、アウトオブバウンズが関わっている場合は、試合を続行、退場後1分経過したロボットから順次復帰できるとなっていました。
2015年ルールでは、4台全てのロボットがフィールドからいなくなった時点でリスタートを行います。退場時間が経過していないロボットも復帰できます。ただし故障ロボットについては、修理が完了していることが条件です。

・故障、アウトオブバウンズからの復帰について
2014年ルールでは、1分の退場時間が経過していないロボットはいかなる状況でも復帰できませんでした。

2015年ルールでは、1分が経過するか、その間にキックオフ(リスタート含む)が行われるときには、それに合わせて復帰することができます。ただし故障ロボットについては、修理が完了していることが条件です。